下取りで、お得にミシンを買い替え

ミシンの買い替え時に下取りしてくれるのはココ

 ミシンを買い替えるときに、要らなくなったミシンが、たとえ少額でも下取りしてもらえれるのであれば、こんなにお得なことはありませんよね。
 なぜなら、、、

 

『捨てれば、廃棄費用で800円』
ミシンは粗大ゴミとして扱われるので、捨てるには費用(たとえば、東京23区であれば800円程度)がかかります。

 

『下取り0円でも、廃棄費用はかからない』
残念ながら、下取りに出した不要なミシンに値段がつかない場合でも、費用がかからずにそのミシンが処分できます。

 

『下取りで、お得に買い替えミシンが買える』
 下取りに出した不要なミシンに値段がつけば、新しく買い替えるミシンの値段が、その分、割り引かれます。

 

そんなお得なサービスを行なっているのが『日本ミシンサービス』です。

 

下取りの手順

 

 『日本ミシンサービス』の下取りは次の手順で行なうことになります。

 

(1).まずは電話、メールで相談
     ↓
(2).ダンボール箱に梱包して送付
     ↓
(3).10日後に査定結果の連絡
     ↓
(4).査定金額を割引いて新しいミシンの購入

 

 自宅にいながら、不要になったミシンの処分も、新しいミシンの購入もできるので、とても便利でカンタンです。

 

 ミシンの買い替えるなら、下取りサービスがある『日本ミシンサービス』が絶対にお得です。

 

 

『日本ミシンサービス』をおすすめする理由

 

 わたしは、『日本ミシンサービス』で不要となったミシンを下取りしてもらってミシンを買い替えました。

 

 下取りというサービスがあったということが、『日本ミシンサービス』でミシンの買い替えをしたイチバンの理由ですが、それだけではありません。

 

 まず第一に価格が魅力的なこと。
 ミシンを選ぶとき、何と言っても一番気になるのは価格だと思いますが、『日本ミシンサービス』はいろんな通販サイトの中でも、安いです。

 

 もうひとつの大きな理由が、困ったときに、修理窓口(営業時間:9時〜18時 (定休日:水曜・日曜・祝祭日))に相談できて、安心だからです。
 (まだ、相談の電話を使ったことはありませんが。)

 

 『日本ミシンサービス』の下取りサービス以外の特徴を、まとめて紹介しますね。

 

◎格安価格
 → やっぱり、イチバン気になるところ
◎安心の5年間保証付き
 → 大きな安心です
◎送料無料
 → ミシンは重たいので、これも気になる点です
◎創業30余年、各地に実店舗(25店舗)を構えるミシン専門店
 → 実店舗があると、何となく安心できませんか?
◎困ったときに相談できる修理窓口
(営業時間:9時〜18時 (定休日:水曜・日曜・祝祭日))
 → これも魅力でした

 

『日本ミシンサービス』、ぜひをチェックしてみてください。

買い替えるならコンピュータミシンがおすすめ

 ミシンを使い慣れている方であれば、自分で使いみちを考えて、自分にあったミシンを選ぶことは可能だと思いますが、そうではない、たまにしかミシンを使わない方にとっては、下取りをして、新しいミシンに買い替えるときに、どんなミシンにしようか悩みますよね?

 

 まずは、ミシンの種類を理解しましょう。

 

 自宅で一般的な縫物に使うような、家庭用ミシンであれば、(1)電動ミシン、(2)電子ミシン、(3)コンピュータミシン、ということになります。

 

(1)電動ミシン

 

 シンプルな構造のミシンで、縫う速度とパワーが比例します。つまり、スピードを落とすとパワーも落ちてしまいます。

 

 また、縫い終わったときに針の止まる位置がバラバラなのも特徴です。布に刺さったままの位置、中間の位置、一番上の位置、など、さまざまな位置で止まるので、縫い終わった都度、針の位置を自分で調整する必要があり、ミシンを使い慣れた方でなければ、扱いが難しいです。

 

 パワーがないので、縫えるものもコットンなどの薄手のものに限られます。
 価格は1万円ぐらい。

 

(2)電子ミシン

 

 電動ミシンと違い、スピードが落ちてもパワーが落ちることはありません。
 また、針も必ず一番上の位置で止まるようになっています。

 

 価格は1〜3万円ぐらい。

 

(3)コンピュータミシン

 

 電子ミシンの機能に加え、縫い目や模様などを自動で細かく仕上げるコンピューター制御による機能がついています。

 

 ボタンホールをキレイに仕上げたり、刺繍や文字といった複雑な模様を縫うことができるので、縫えるものの幅が広がります。
 また、かんたん操作で針に糸を通したり、エラーをお知らせしてくれたりと、使いやすい機能をコンピュータがサポートしてくれるので、誰にでも使いやすいミシンです。

 

 価格は3万円以上になります。

買い替えのときチェックする3つのポイント

 ミシンを使い慣れていない方が、買い替えミシンを選ぶときの3つのポイントを紹介しますね。

 

 いろんな考え方、選び方、買うときの基準、があると思いますが、わたしがココで紹介するのは、わたしが最近、ミシンを買い替えるときに調べたり、経験したことを踏まえた、とてもシンプルなものです。なので、あくまでも参考まで、ということで読んでください。

 

(1).価格 ⇒ 4〜5万円を目安にしています

 

 ミシンを使い慣れている方は、安いミシンでも問題ないのかもしれません。
 多少使いずらくても、機能に制限があっても、ミシンのことがわかっているし、使い慣れているので、何とか使いこなすことができると思うからです。

 

 でも、ミシンを使い慣れていない方や、年に数回程度だけ使用する方は、そうはいきません。
 使い方がわからないし、使い方を理解していても、たまにしか使わなければ、その使い方を忘れてしまうこともあるからです。

 

 たとえば、「自動糸切り」は糸のムダが少なくなる、とても便利機能ですし、糸調子(糸をピンと張る強さの調整)を自動でしてくれる「自動糸調子」機能も、とても便利な機能で、わたしにとっては必要な機能ですが、これらの機能がついたミシンは、そこそこの値段になります。

 

 ミシンを使い慣れていない方、使用頻度が少ない方こそ、価格は多少高くても(4〜5万円ぐらいを目安に)、サポート機能が充実した、使いやすいミシンを選ぶべきだと思います。

 

 「滅多に使わないミシンだから安いもので十分」という考えもありますが、 安いミシンだと、滅多に使わないどころか、ずーっと使わない(使えない)ことになりかねません。

 

(2).フットコントローラー ⇒ あった方がいいです

 

 フットコントローラーは、縫うスピードを調整したいときに使う付属品で、スピードをあげたい時は足で深く、低速にしたい時は浅く踏み込むことで簡単に、感覚的に操作できるので、とても便利です。
 標準で付いている場合もありますが、付属品として別売りされている場合もあります(目安として数千円です)。

 

 フットコントローラーは、あった方が圧倒的に作業がラクで便利です。

 

 洋服を作る場合などは、生地を伸ばしながら縫ったりするので、両手が使えないとすごく困るので、両手が自由になるフットコントローラーは、あった方が絶対に良いです。

 

(3).フルサイズミシン ⇒ コンパクトミシンは扱いにくい

 

 当たり前のことですが、コンパクトミシンは、“コンパクトであること”がセールスポイントであって、 扱いやすいと云うことではありません。

 

 小物しか作らない、厚いものは縫わない、という方なら、コンパクトミシンでも構いませんが、 「せっかく買ったミシンだから、いといろと作るつもり」と思っているなら、絶対にフルサイズミシンです。

 

 フルサイズミシンはパワフルなので、厚みのある生地でも問題なく縫うことができます。

 

 何よりも言いたいことは、安定しているので、使いやすさでは、圧倒的にフルサイズミシンだということです。

 

 ただし、フルサイズミシンの標準的な大きさは、幅45cm前後、重さは8kg以上と、それなりに大きいので、収納する場所を考えておく必要はありますね。

 

まとめ

 

 買い替えるときに、ミシンを選ぶ基準を一言で云えば、『使いやすい』ということだと、わたしは思います。

 

1).サポート機能が充実 = 高価格のミシンであること
2).フットコントローラーが使えるミシンであること
3).フルサイズミシンであること
⇒ これが、『使いやすい』ミシンです。

ミシンを買い替えるときの不安

 ミシンを買い替えるときに、いろいろと不安な点がでてきますよね?

 

 わたしが不安に思ったこと、そして、どうやって解決したか、紹介します。

 

ホントに使うかな?

 

 ミシンは決して安いものではありません。というか高価なものです。なので、買い替えても、使わなければ勿体ないです。

 

 ミシンを買い替えようと買おうと思った理由が、「何かを作りたい」という気持ちであるか、ということが大事だと思います。

 

 わたしの場合は「10年以上使っているミシンが、カタカタ音がするようになった。時間ができたので、以前から挑戦したかった洋服作りをしたいと思うようになった。」ということで、ミシンの買い替えをしました。
 買い替えをしたことで「勿体ないから、いっぱい使おう」という気持ちです、いまは。

 

 買い替えする前に、自分の気持ちを一度、確認してみるのが良いと思います。

 

通販で買っても大丈夫かな?

 

 通販で買うのが不安だと思う理由は、アフターサービスについて、たとえば、「故障したり、使い方がわからなかったり、というとき、しっかりと面倒もみてくれるか」、ということでした。
 でも、故障のときの対応から、使い方がわからないときのサポートまで、電話で受け付けてくれる通販サイトを見つけました。それが『日本ミシンサービス』です。

 

 もちろん、売るだけで、何のサポートをしてくれない通販サイトもありますので、通販で買い替えるときは、その価格だけに注目するのではなく、買ったあとにどのようなアフターサービスがあるのかも、しっかりチェックして調べてください。

おすすめミシン

 買い替えミシンを選びときの3つのポイントを踏まえて、おすすめのミシンを3つ紹介します。 

 

メーカー/商品名 参考価格 おすすめポイント
ジャノメミシン NP2000
ジャノメ NP2000
46,310円

「幅406mm×高さ302mm×奥行177mm」
「重さ:6.3kg」
・最新モデルのジャノメコンピューターミシン
・自動糸切り、自動糸調子などの便利機能いろいろ
・ワイドテーブル付きだから、大物も縫いやすい
さらに詳しい情報は、こちらから

JUKI ミシン HZL-G100WB
JUKI  HZL-G100WB
47,017円

「幅445mm×高さ292mm×奥行223mm」
「重さ:9.0kg」
・お手頃な価格でJUKIが作り上げた家庭用ミシン
・画期的!工業用ミシン技術 「BOX送り」を採用
・故障も少なく、長く、快適に使える
さらに詳しい情報は、こちらから

ブラザーミシン S71-SL
ブラザー S71-SL
43,010円

「幅413mm×高さ296mm×奥行178mm」
「重さ:4.6kg」
・文字縫いも模様縫いも思いのまま
・安心サポート機能で初心者をサポート
・手軽に使えて、いろいろ試してみたい方に調度いいミシン
さらに詳しい情報は、こちらから

 

他にもたくさんのおすすめミシンがありますので、チェックしてみてください。

 

page top